author
Taishi Nobukuni / Designer


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


main
ジレンマ

昨日のヨガスクールでの僕の話は、
観察者が観察対象の一部であるジレンマ。

にも関わらず自分はおいといて神目線で語る習慣または言語構造的欠陥についてです。
今朝の様々な方の投稿で二例目にしました。
一つは自然の一部でありながら自然を操作しようとするジレンマ。
または人間は地球のガンだと地球に住む人間として語る矛盾。
あともう一つの例は自ら消費社会の一部でありながら抽象的消費者像を抽出して操作しようとするマーケティング理論です。
皆マーケティングを超えた想像超えた物が欲しく、それはむしろ個人的で主体的な欲求からしか生まれないと思います。

人間はこのようにあらゆるものを抽象的イメージに集約してあたかも字のごとく存在すると思うという病理に生きています。

そのイメージの一番厄介なものが"私"という独立した抽象的概念です。
| - | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://botanika-blog.jugem.jp/trackback/592
トラックバック

Copyright (C) 2010 BOTANIKA taishi nobukuni Some Rights Reserved.